介護保険を使った手摺り取付工事

ホーム > 介護保険を使った手摺り取付工事

介護保険を使った手摺り取付工事

記事更新日:2015.09.07

安全の為、廊下に手摺りを取付る工事を行いました。

廊下に手摺りを取付る工事廊下に手摺りを設けたことで、移動の時に、手摺りが支えになりスムーズに行くことが出来ます。
浴室の壁に立ち上がる時や、移動の時に使う握りバーを設置

浴室の壁に立ち上がる時や、移動の時に使う握りバーを設置
浴室は、下から立ち上がったり、お風呂の中に入る時などけっこう動作が激しく、水により滑りやすい場所です。
足腰にも他の場所よりも余計に負担が掛かります。
手摺りを設けることで、安全に動作が出来、足腰に負担も少なくなります。

このような工事は、介護保険を使い行なうことが出来ます。市や町の福祉課へ相談されてみて下さい。

まずはお電話かメールでお問合せください。一緒に夢を語りませんか?

唐津で親子三代85年と受け継いだ匠技

気持ちんよか家(株)中村建設

フリーダイヤル0120−790−638

会社案内 / リンクページ

〒847−0133
佐賀県唐津市湊町895−1
FAX:0955−79−0800

メールでもお問い合わせ頂けます。

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容必須
イベント参加申込みご来店申込みその他お問い合わせ
本文必須